• ミネラルウォーターを化粧水替わりにスキンケア!正しい方法はこれ

    ミネラルウォーターが化粧水替りに使える!正しいスキンケア法

    出社前の化粧下地や"入浴後のスキンケアとして、薬局などで購入できる化粧水や乳液を使っている方は少なくありません。なかには成分が肌に合わず、肌荒れを起こしてスキンケア商品選びに悩んでいるといった方も多くいます。

    ここで活躍してくれるのがミネラルウォーターです。つまり化粧品や乳液替わりとして、ミネラルウォーターが大活躍するのです。

     

    ミネラルウォーターは肌へ刺激を与えないから安心!

    粧水や乳液には商品ごとで含まれている成分が違い、使用される方の肌質によっては、合うもの合わないものがあります

    数えきれないくらいの商品が出回っているなか、自分に合う商品を探し出すのは難しく、いざ購入しても肌荒れを起こすことも多いですよね。

    そこでおすすめなのがミネラルウォーターを使ったスキンケアです。化粧品に含まれているような成分がミネラルウォーターには含まれていないため、肌へ刺激を与える可能性が低くトラブルも起こしにくいのです。

     

    「軟水」を選ぶことがおすすめ

    ミネラルウォーターとひとくちに言っても、カルシウムやマグネシウムといったミネラル成分が、水にどれだけ含まれているかで、「硬水」と「軟水」に分かれます。

    一般的にはミネラル成分が多く含まれ硬度が高い水を「硬水」、ミネラル成分の含有が少なく硬度が低い水を「軟水」と呼びます。

    硬水はミネラル成分を多く含んでいるため肌へ負担をかける可能性が高いので、化粧水替わりとしてミネラルウォーターを利用する場合には、「軟水」をおすすめします。

    肌荒れに悩まれている方は、1週間などある程度の期間を決めて、現在使っている化粧水から軟水に変えてみてはいかがでしょうか。

     

    軟水を使ったスキンケア方法!2つのコツ

    こでは実際に、スキンケアとして軟水を使う場合、どのような方法が正しいのかを確認しておきましょう。

     

    コツ1. コットンはたっぷりぬらして使う

    基本的にはいつものスキンケアの方法と変わりません。軟水をコットンにつけて顔にパッティングをするだけで大丈夫です。ここでコツがあります。それは、コットンを軟水でたっぷりぬらすということ。

    なかには、一度に多くを使うともったいないからとコットンをあまりぬらさないで使用される方がいます。ですが、コットンに十分な水分がない場合、顔をパッティングしたときに肌とコットンの綿繊維が摩擦を起こし、肌にダメージを与えます。この摩擦をおさえるためにも、コットンはたっぷりぬらして使うのがコツです。

     

    コツ2. パッティングはとにかく優しく

    パッティングを強くした方が、より肌の深部まで浸透しそう!といった気持ちは理解できます。ですが、これは肌を傷める原因のため絶対に避けるべきです。ポイントは、たっぷりぬらしたコットンで優しくポンポンと、コットンが肌に触れたときに軽く弾ませるようにパッティングすることです。

     

    まとめ

    ミネラルウォーターが日頃の化粧水の変わりとして、肌に優しく使える!といった内容をお伝えしてきました。ミネラルウォーターを化粧水替わりとして使う場合には「軟水」を。

    コットンはたっぷりぬらして、とにかく優しくパッティングをする。この3つをおさえて、試しにミネラルウォーターを化粧水替わりとして使ってみてはいかがでしょうか?

     

    スキンケアにも使えるミネラル含有の天然水ウォーターサーバーランキングはこちら>>

     

    ウォーターサーバー一覧

    プレミアムウォーターコスモウォーターlocca(ロッカ)ウォータースタンド ピュアライフ
    エブリィフレシャスハミングウォータークリクラfeelfree putioクリクラ
    アクアクララアルピナウォーター楽水アクアバンク
    日田天領水信濃湧水ワンウェイウォーターフレシャス
    うるのんマーキュロップウォータースタンドネイフィールウォーター
    アクアスタイルOCEAN(オーシャン)ハワイアンウォーターアクアセレクト
    リセットタイムコマムウォーターシャインウォーターバイオシス
    ウォーターワンダイオーズCoolQoo(クールクー)サントリー天然水 ウォーターサーバー

    ウォーターサーバーかんたん検索

    水の種類
    ボトルの配送方式
    料金の特徴
    こだわり

    該当:-

    配達可能エリアから探す

    北海道
    東北
    関東
    中部
    関西
    中国
    四国
    九州
    沖縄
    page top