知っておこう!体内に含まれている水分量と適切な摂取の仕方

知っておこう!体内に含まれている水分量と適切な摂取の仕方

水を飲むことは、人が生きていく上でとても重要だと言われています。みなさんは普段水を飲むときに、どのようなところを意識して飲まれていますか?大半の方は、何気なく飲まれていると思います。もちろん水は体にとって必要不可欠であり、飲むことにこしたことはありません。

ここでは水がもたらしてくれるうれしい効果や、その効果を引き出すための飲み方についてまとめてみました。今回の内容をきっかけに、今日からお水でイキイキしちゃいましょう。

 

体内に含まれている水分は、約70%

これまでに聞いたことがあるかもしれないですが、私たちの体の中に含まれている水分は全体の約70%と言われています。「そんなに必要なの?」と思われる方もいるかもしれないですが、私たちが生きていくためにはこれだけの水分が必要なのです。それでは、これだけ多くの水分がどのように使われているのかについて少し触れてみましょう。

まず体内の水分は、何もせずただ座っているだけであっても体外へ排せつされます。その他にも、汗や呼吸・尿・便などによっても排せつされ、1日でおよそ3リットルの水分が排せつされています。まずは、人間の体にとって水分はとても大切であり、多くの量の水が必要で、日々たくさん排せつされているというのを、こちらでしっかりとおさえておきましょう。

積極的に水を補給しないと、体内では水不足状態に

先ほどの説明で、毎日多くの水が体内から出ていることはおわかりになったと思います。当たり前の話となりますが、排せつされてしまった水は補給しなければなりません。その理由は冒頭で話したとおり、私たちの体にとって水はとても重要だから。

そんな重要なお水ですが、水分は食事などの一般的な生活習慣からも摂取できており、目安で1.5リットル程度はとれていると言われています。ここで先ほどの、1日に3リットル排せつされるといった量から1.5リットルを差し引くと、1.5リットルの水不足。

この足りない1.5リットルを、意識的に水を飲むことで補給しましょう。体内で水が足りない状態が続くと肌トラブル、さらに体にも何かしらの影響が出てくるため注意が必要です。

 

水分補給は純粋なお水で!

中には、「水分さえしっかりとればコーヒーでも紅茶でも何でもいいよね」と思われる方がいるかもしれません。しかし、ここでは水分補給はできるだけミネラルウォーターやRO水といった、お水でするようおすすめします。特にミネラルウォーターは、新陳代謝アップ効果・便秘解消・ダイエットなど、うれしい効果がたくさん得られるため◎です。

コーヒーや紅茶の場合、砂糖などの不純物が体内に蓄積してしまうため、効果を減少させてしまいます。またコーヒーは、利尿作用もあるためあまりおすすめできません。1日に1~2杯飲むのは良いですが、水分補給の目的として飲むのは避けましょう。

 

適切な水の飲み方って?

ここまでで、体にとってどれだけ水分が大事であるのか!さらに、水分補給は水がおすすめということがわかってきましたね。では、ここまでの内容をしっかりとふまえた上で、適切な水の飲み方をおさえておきましょう。1日の水分補給目安は、先ほどの紹介のように1.5リットル。もしくは2リットルです。

続いて一度に飲む量に関しては、必ずコップ1杯ずつなど、1日6~10回程度で小分けにして飲むようにしましょう。1.5~2リットルを飲もうと思うと、どうしても一気に飲んでしまいがちになりますが1口ずつを意識してくださいね。1口ずつゆっくり飲むことで、体への吸収力を高めてくれます。一度に多くの水を飲もうとすると、おなかを壊してしまう可能性が高くなるため要注意です。

 

水にはうれしい効果がいっぱい

ここまで話してきたお水に関して、飲むだけでとってもいい効果が期待できますので最後に紹介しますね。

・美肌効果
水を飲むと、新陳代謝が活発になり血流をよくし老廃物を促します。そのようなことからも美肌効果が期待できます。

・便秘解消
水分不足は便秘の原因。水をとることで固くなった便や宿便を改善させることができます。

・疲労回復
純粋なお水を体内に巡らせることで、体液の流れをスムーズになり、老廃物が促されるため、体の疲れがとれやすくなります。

・冷え性改善
水を飲むと血液循環が良くなるため、代謝が良くなり体温も上がります。そのため冷え性改善の効果が期待できます。

 

まとめ

ここまで紹介してきましたが、いかがでしたか?水分は私たちが生きていくためにとても大切であり、しっかりとることによって体にとってうれしい効果をもたらしてくれます。今回の内容をきっかけに、もっと水が好きになっていただけるとうれしいです。

 

 

 

page top