天然水と水道水の違い

天然水と水道水の違い天然水と聞くと、自然の水そのまま、おいしい水といったイメージがありますよね。

実際に天然水と呼ばれる水を飲んでみると、水道水のような塩素臭やカルキ臭はせず、おいしく感じますよね。

この違いはなぜ生まれるのでしょうか?

 

水源の違い

天然水と表示されている水は、厚生労働省の定めた「ミネラルウォーター類(容器入り飲用水)の品質表示ガイドライン」において、ナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーターと定義されている水のことを言います。ガイドラインによると、水源は特定の水源からの採水された地下水とされています。つまり、井戸水、湧水、鉱泉水、温泉水、そして伏流水などがあげられます。天然水、自然水と表記されている水は、日本でも有数のきれいな地下水を原水としているのです。また、複数の原水を混合していません。

 

一方、水道水は、表流水、伏流水、地下水などを原水としています。

表流水とは河川の地表上(表面)を流れる水のことです。水量的に最も豊富で安定した取水が可能です。日本で最も水道水として利用されています。

伏流水は、河川の底の砂利層の内部を流れている水です。砂利層の濾過により、表流水と比較して不純物の少ない水です。良質な水で、水量は比較的安定しています。

地下水は、雨水が長い年月をかけて地層を通り濾過され、地下を流れている水です。水質は良く、地層の鉱物から自然と溶け出し立ミネラルを含んでいます。

水道水は、複数の水源の原水を混合しても構いません。

 

採水後の処理が異なる

採水後の処理が異なる天然水と水道水では、採水後の処理も異なります。

天然水は、沈殿、濾過、加熱殺菌以外の処理は、一切行われていません。

法令により、日本では飲料水として利用される水には殺菌処理が義務付けられているので、天然水も採水してそのままの水ではありません。しかし、殺菌処理以外はされていないので、天然のミネラルが含まれています。もちろん、塩素なども含まれていないので、塩素臭やカルキ臭などもしません。

 

水道水は、河川などから採水してきた水を、安心・安全に飲めるように浄水処理をしてきれいにします。

水源の水質に応じて浄水処理は異なりますが、基本的な浄水処理はあります。

 

浄水処理には大きく分けて次の4つの方法があります。

  • 急速濾過
  • 緩速濾過
  • 膜濾過
  • 消毒

上記の処理を基本として、必要に応じて鉄、マンガン、カビ臭原因物質、色素をとるための処理を組み合わせて行います。

 

浄水の過程において、塩素化合物で消毒をする際、次亜塩素酸と塩酸が発生します。さらに次亜塩素酸の一部は、次亜塩素酸イオンと、水素イオンにかい離します。次亜塩素酸と事案塩素酸イオンは、強い酸化力があり微生物やウイルスなどを殺菌または消毒します。

日本では水道法により、給水口まで次亜塩素酸が残留するようにしなくてはなりません。日本の水道水は安全に利用できるよう、高度な処理を行っています。

 

水道水はミネラルウォーター類より厳しい基準

水道水はミネラルウォーター類より厳しい基準水道水は水道法により、51項目(2015年6月現在)において非常に厳しい水質基準項目と基準値が定められています。

対して、天然水を含むミネラルウォーターは、食品衛生法に基づき水質基準が定められています。項目数は18項目あります。そのうち、ヒ素、フッ素、ホウ酸、亜鉛、マンガン、鉛などの基準値は水道水のほうが厳しくなっています。例えば、ヒ素はミネラルウォーター類の基準値が0.05mg/リットルに対し、水道水は0.01mg/リットルなっています。

ただ、ミネラルウォーター類も水道水より厳しくはないというだけで、安全な水質基準を満たしています。

また、水道水の場合は貯水槽が著しく汚れている場合や、配管のサビなどによって、給水口から出るときには汚れている可能性もあります。

 

味はやはり天然水か

日本の水道水は、世界でも有数の、そのまま飲むことのできる水です。昔はとても飲めないと言われていた東京や大阪の水も、水源自体の水質が良くなったことや、浄水技術の発達により、今はおいしく飲むことができます。

ただ、やはり塩素臭やカルキ臭、またなかなか通常の処理では処理することができないカビ臭さなどがあります。天然水には塩素臭やカルキ臭、カビ臭さなどはありません。そのため、やはり味では天然水のほうがおいしいと感じるでしょう。

 

page top