【決定版】ウォーターサーバーを導入する前に見ておきたい、5つのメリット

【決定版】ウォーターサーバーを導入する前に見ておきたい、5つのメリット

一昔前と比べると、多くの家庭に導入されているウォーターサーバー。しかし「何となく便利そうだけど、実際はどうなの?」と思われる方も多いのではないでしょうか?

ウォーターサーバーを上手に活用し快適に過ごすためメリットを知り、自身の家庭で本当に必要かどうかを判断しましょう。ここでは、ウォーターサーバーを導入する前に見ておきたいメリットについて紹介します。

 

ウォーターサーバーを導入して得られる「メリット」って?

これからますます人気が高まると思われるウォーターサーバーですが、サーバーを使うメリットにはどのようなことがあるのでしょう?代表的なメリットについて下記で紹介します。

 

メリット1. いつでも「おいしくて安全な水」が飲める

ウォーターサーバーを使いはじめたキッカケとして、「おいしくて安全な水」を自宅で手軽に飲めると挙げる人が圧倒的に多く見られます。日本の水道水は世界的に見てもトップクラスの安全性と言われていることもあり、わざわざ自宅にサーバーを設置しなくても水道水を使えばいい・・。そんな風に思われる方もいることでしょう。

しかし水道水にも、殺菌をするために使用された塩素の残留や、地域・マンションなどの住宅事情による水質低下の問題があるのです。また2011年に発生した、原発事故の影響による放射能物質の混入といった不安もあり、そのまま飲むことはもちろん、料理などに水道水を使って大丈夫なのかという懸念があります。

そこで「より安全でおいしいお水」を手軽に飲む方法として、水を購入する人が増えてきたのです。いつでも「おいしくて安全な水」が飲めるのは大きなメリットと言えるでしょう。

 

メリット2. 宅配をしてもらえる

ウォーターサーバーは水を家まで宅配してもらえるため、買い物の手間が省けます。スーパーなどで売られているミネラルウォーターを購入するとなると、その都度買いに行かなければなりません。「重たくて持って歩いて帰るのが大変」「自転車のカゴに入れて運転をしていたら、バランスをくずして転倒してけがをした」といった声は結構多いもの。

その点ウォーターサーバーを契約している場合、水ボトルを定期的に自宅まで宅配してもらえるためとても便利です。

 

メリット3. お湯がすぐ使える

ウォーターサーバーを実際に利用している人の多くは、お湯がすぐに使えることをメリットとして挙げる人が多いです。カップ麺を作る際や、赤ちゃん用ミルクなどを頻繁に作るとき、ササッとお湯ができると便利ですよね。

5℃〜12℃程度のほどよく冷えたお水と、80〜90℃の熱いお湯がいつでも瞬時に出せることはウォーターサーバーのメリットと言えます。

 

メリット4. いざというときの、備蓄水となる

ウォーターサーバーがこれほどまでに注目を集めるようになった背景には、2011年に発生した、東日本大震災以降の備蓄水に対する意識の高まりがあります。

料理や生活用水にも水がなくてはならないため、私たちの生活のなかで水を切り離すことはできません。ウォーターサーバーがあれば備蓄水としても利用できるため、災害時などの水による影響が少なくなります。

 

メリット5. インテリアとして使える

ウォーターサーバーは、ただおいしいお水が飲めるだけではありません。最近では、ウォーターサーバーを導入する理由として「インテリアとして部屋に置いておきたいから!」といった家庭も増えてきているのです。形や色・模様など、おしゃれなウォーターサーバーが数を増やしています。

デザイン性・水にこだわったウォーターサーバーが自宅に設置されているだけで、何となくスタイリッシュな雰囲気が演出できるというのは、メリットの1つと言えるでしょう。

 

まとめ

ここまでで、ウォーターサーバーを導入するメリットを5つ紹介してきました。今回の内容は、数ある利点のなかでも特に「メリットだ!」と言える部分です。

これからウォーターサーバーを契約しようかと悩まれている方、契約をしたいけど今ひとつ足が一歩前に出ない方は、紹介したメリットを参考にもう一度ウォーターサーバーを検討してみてください。すてきなウォーターサーバー生活を過ごせますように。

 

 

page top