ウォーターサーバーのさゆで花粉症体質を改善

ウォーターサーバーの白湯で花粉症体質を改善

毎年花粉症に悩まされている方も多いのではないでしょうか。病院で薬を処方してもらっても、眠気やだるさといった副作用が気になり、抵抗がある人も少なくないでしょう。

とはいえ、発症した花粉症をそのままに乗り切るのは苦行中の苦行と言えます。薬に頼らず、どうにか花粉症体質を軽減させる方法はないのでしょうか?

今回は、ウォーターサーバーのお水で、花粉症体質を改善する方法をご紹介いたします。

 

花粉症について再認識を!

花粉症に悩まれている方にとって、いまさら花粉症について説明をする必要がないかもしれないですが、これから体質改善を目指す上でしっかりとおさえておきましょう。

 

花粉症の原因

花粉症・アレルギー性鼻炎情報サイトの「花粉なう」によると、花粉症の原因は下記のように言われています。

花粉症は、スギなどの花粉(抗原)が原因となって起こるアレルギー疾患の一つです。特にスギ花粉症は冬の終わりから春にかけて、毎年、くしゃみ・鼻水・鼻づまりなどの症状で多くの人を悩ませています。日本では、スギのほかにもヒノキ、イネ、ブタクサ、ヨモギなど約50種類の植物が花粉症を引き起こすとされています。

引用:花粉症・アレルギー性鼻炎情報サイト 花粉なう

また、同じく「花粉なう」で公表されているデータを見ると、花粉症患者は年々増加しているとあり、1998年と2008年で比較をすると、有病者が19.6%から29.8%と1.5倍増加しているとあります。

参考:花粉症・アレルギー性鼻炎情報サイト 花粉なう

そして今後も、花粉の飛散は活発化すると見込まれているため、花粉症の方はもちろん、花粉症にかかっていない人にとっても、花粉症に少しでも対抗できる体質作りを意識しておく必要があります。

 

さゆが花粉アレルギーに良い理由

白湯

さゆとは、沸騰させたお湯を冷ました「ぬるいお湯」のことを言います。古くから、薬を飲むときやカラダが弱っている方の水分補給として利用されてきた飲み方ですが、最近ではダイエットをしている方も積極的にさゆを使っています。

そのようなさゆですが、実は花粉症体質の改善も期待することができるのです。下記で理由に見ていきましょう。

 

カラダが温まり免疫力が高まるから

さゆをゆっくり飲むことで、カラダが芯から温まり内臓の働きや血液循環が良くなります

また、体温が1度上がれば免疫力は5~6倍にアップするとも一般的に言われているため、さゆを飲み体温が上がることで、免疫力が高まり花粉アレルギーに対抗できると考えられます。

 

「塩素」が含まれていないことがポイント

さゆを作るのに水道水ではダメなの?と思われる方もいるかもしれません。諸説や病院によっては、水道水でも良いと言われていることもありますが、こちらでは水道水ではなくウォーターサーバー水の利用を推奨します。

理由は「塩素」を含んでいないからです。塩素は殺菌目的で水道水に使用されています。東京都水道局の公式サイトにも、「水質基準値以下で安全性に問題はない」と記載がありますがどうでしょう。

塩素はたんぱく質や細胞・体内にあるミネラルを少なからず壊す働きがあるということを考えると、塩素が含まれる水道水ではなく、ウォーターサーバーのお水が良いとおすすめできます。

 

さゆの作り方・飲み方・タイミング

ウォーターサーバーの水を使うことを前提に、簡単にできるさゆの作り方、さゆを飲むベストなタイミング・飲み方をおさえていきましょう。

 

さゆを数秒で作れる

本来であればさゆは、お湯を沸騰させてからさらに15分程度沸かし続け、水道水に含まれている残留塩素(カルキ)や不純物を飛ばし、時間を置いて55℃前後まで冷ます必要があります。

ですがウォーターサーバーを利用すれば、温水・冷水がすぐに出せる仕組みとなっているため、残留塩素の心配がなければ時間をかけて沸騰をするなど冷ます手間も必要ありません。飲みたいと思ったときに数秒でさゆが作れるためとても便利と言えるでしょう。

また、簡単に作れることから時間がなくて忙しい人にもさゆを飲む習慣が身につき、花粉症に対抗するための免疫力を高めてくれると言えます。

 

効果的な飲み方とタイミングも実に簡単

飲み方は、湯飲み1杯程度の量をゆっくりと飲む。これだけです。ゆっくり口にするとさゆが胃袋の中に入り温かさを感じることができるでしょう。

タイミングは寝起きと食事中がおすすめです。

 

おわりに

ウォーターサーバーでさゆを作り、花粉症体質の改善を目指しましょうといった内容について紹介をしてきまた。さゆを飲むことで体温が上がり、免疫力が高まるといったことから、特に花粉症で苦しまれている人に実践してほしい内容と言えます。

もちろん医師に花粉用の薬を処方してもらうことがあります。薬を飲む際にも、さゆで飲まれるとよりカラダに優しいと言えるため、ウォーターサーバーでのさゆ作りを検討してみてくださいね。

 

 

page top