導入前にチェック!ウォーターサーバーを利用するメリット・デメリット

導入前にチェック!ウォーターサーバーを利用するメリット・デメリット

ひと昔前と比べてみると、多くの会社・家庭にウォーターサーバーが導入されるようになりました。いつでもおいしい水を出してくれるウォーターサーバーは、私たちの生活をより快適にしてくれると言えるでしょう。

そんなウォーターサーバーですが、利用するにあたって「どのようなメリットやデメリットがあるのかな?」と考えたことはありますか?ウォーターサーバーだけに限ったことではありませんが、ものごとには大抵の場合、メリットとデメリットが存在しています。

今回は、ウォーターサーバーを導入して利用するメリットとデメリットについて説明します。これからサーバーの契約を考えられている方は簡単に目を通しておくことをおすすめします。

ウォーターサーバーを利用するメリットはなに?

これからウォーターサーバーの契約を考えている人にとって、まっさきに気になるところがメリットについてでしょう。契約をするサーバー会社の商品などによって、メリットは細かく異なりますが、こちらでは一般的なメリットをいくつか紹介します。

利用のメリット1. 「おいしい水」を飲みたいときに飲める

スーパーなどでおいしい水を購入することは可能ですが、買ったあとに冷蔵庫に入れしばらく冷やす。あったかいお湯として使う場合には、ポットで沸かす必要もあるでしょう。

その点ウォーターサーバーを利用すると、いつでもおいしい水・お湯が出せ飲めるのです。サーバーを利用すると時間や手間が省けるメリットがあります。

利用のメリット2. 「好み・目的」によって水を選べる

極端な話を言うと、蛇口をひねって出てくる水道水はこちらで選ぶことができません。

しかしウォーターサーバーの場合、「ミネラルウォーター」か「RO水」なのか、「軟水」か「硬水」か!さらには、「料理にも使う目的がある」、「赤ちゃんミルクにも使いたい」など、自身の好みや目的によって自由に選ぶことが可能です。サーバーを提供している会社によって、味や飲みごたえが変わるため、自分に合うお水探しをしてみましょう。

利用のメリット3. 宅配をしてくれる

ウォーターサーバーを契約すると、メーカーから決まったペースで希望する水を宅配してもらえるのです。「なんだそんなことか!」と思いがちですが、実際にサーバー契約をしている人たちからは「いつもスーパーで重たい水を抱えて帰るのは大変だったから・・。」「楽で助かる」と称賛の声が多くあがっています。

一度の買い物で多くの荷物が持てない主婦の方や、重い荷物が持てないお年寄りの方にとってもウォーターサーバーは強い味方であり、利用して水を宅配してもらえることは、大きなメリットなのです。

利用のメリット4. いざという場面で役立つ

ウォーターサーバーに設置しているお水・そしてボトルはいざといった場面で役立ちます。災害時や水道管トラブルなどにより、水が出なくなるといったことも考えられるでしょう。そのような場合でも水を飲むことができ、なにかを洗うなどいろいろな用途で使用できます。

ウォーターサーバーを利用するデメリットはなに?

ここまでで、ウォーターサーバーを導入して利用するメリットについて、4つ紹介してきました。冒頭でも説明があったように、メリットと合わせてデメリットの面も考えられます。下記から、デメリットについて詳しく確認していきましょう

利用のデメリット1. サーバー設置の場所を広く取られる

ウォーターサーバーを導入する1番のデメリットと言われているのが、「設置スペース」。サーバーは冷却機能もあるため、背面や両サイドにある程度余裕スペースの確保が必要です。

一般的に例えとして用いられることが多い、A4ノートを縦に2冊並べたくらいの広さとイメージするといかがでしょうか。高さは、ウォーターサーバーの高さにプラスして50センチほどを想定しておくと良いでしょう。サーバー自体の高さは床タイプで約120cm、卓上タイプで約70cmになります。メーカーによって多少サイズは異なりますが、サーバー設置にはそれなりのスペースが必要と覚えておきましょう。

さらに言うと、設置環境にも制限が!下記4つの条件をクリアできる設置場所かどうかも確認しておいてくださいね。

  • ・屋外設置不可
  • ・熱源があるところの近くへ設置不可
  • ・直射日光があたるところに設置不可
  • ・湿度の高いところは設置不可

以上となります。

利用のデメリット2. 毎月費用がかかる

メーカーによって毎月かかる費用は異なりますが、ウォーターサーバー契約によりかかる水代や電気代はもちろん、提供している会社・サーバーによってはサーバーレンタル料やメンテナンス費も必要。

契約後のトラブルを避けるといった意味でも、サーバーを契約する前に公式サイトなどで費用面などについて確認をしておきましょう。

利用のデメリット3. 契約期間に縛られる

メーカーやウォーターサーバーのタイプによって多少異なりますが、6カ月〜2年ほど契約期間を設けられます。契約期間内に解約をすると、ペナルティーとして違約金の支払いが生じるため注意が必要。

契約を考える際には、料金と合わせて契約期間についてもしっかりと確認をお願いします。

まとめ

ウォーターサーバーを利用するメリットとデメリットについて紹介してきました。参考となりましたでしょうか?今回の内容の他にも、考えられるメリットやデメリットはあるでしょう。

契約前には気になる会社の公式サイトを確認したり、実際にサーバー導入をしている人から話を聞いたりしてみましょう。

 

 

page top