飲むと必ず好影響?水と健康の深いつながりをおさえよう!

飲むと必ず好影響?水と健康の深い繋がりをおさえよう!

何気なく過ごしている日常の中で、自分のカラダから1日にどれくらいの水分が排せつされているかご存じでしょうか?一般的には1日に2~3リットルは排せつされていると言われています。そのうち、約1リットルは汗として蒸発する水分と言われており、残りはトイレなどで排せつされています。

私たちのカラダは60%以上が水分でできているため、体の外へ出てしまった水分はしっかりと補う必要があります。水分は私たちの健康と深い関係があるため、不足しているのはよくありません。ここでは水分が健康にどう関わっているのかを紹介します。

 

水と健康の関わりを紹介

冒頭でも説明しましたが、水は健康と深く関わっています。水をしっかりと飲めば、それだけでさまざまな病気予防にもなります。ぎゃくを言えば対して、水を必要以上に飲み過ぎてしまうと、カラダの不調を招く可能性も。適切に水を飲み、健康を目指しましょう。

 

水を飲むとむくみ防止につながる

「アルコールを飲み過ぎると、翌日むくみが出る」「泣くと、次の日に目が腫れる」などと聞いたことはありませんか?このように昔から、水とむくみの関係性はあらゆる生活の中で扱われています。では実際のところ、水とむくみの関係はどのようになっているのでしょうか?

結論を言うと、水はコンスタントに飲むことでむくみの防止につながると言われています。しかし、一気に多くの水分を取った場合は消化不良を起こし、前述のようにむくみの原因になることがあります。

また喉がまったく渇かないからと、水分をあまり取らない経験はありませんか?このように水分を取らない日が続くと、尿や汗をかく量が減少し体内(血液中)に老廃物がたまります。老廃物がたまると血液がドロドロとなり、顔やカラダのいたる箇所でむくみが起きるでしょう。

血液をなめらかな状態とし、むくみを防止するためにも、コンスタントに水を飲むことを心がけてみましょう。

 

血行促進により肩こりが解消される

肩こりの原因を考えたときに、「カラダが水分不足を起こしているからだ」とはなかなか考えないでしょう。しかし、水が肩こりと関わっているのは事実。ではどうして、水と肩こりが関わっているのでしょうか。

カラダの筋肉は、緊張状態が続くと筋肉疲労が起こります。そして疲労の蓄積が血管を圧迫していくのです。当然のことながら、血管が圧迫されると血行不良となり、コリや痛みを発症させることに。この血行不良改善するためには水分補給が必要。水分をしっかりと取ることにより、血行が良くなり血液中に蓄積された老廃物・乳酸などが促され排せつされます。さらに水分が酸素や栄養分を運び、筋肉に吸収されるため解消されるのです。

 

水分の過剰摂取は冷え性の原因になる【注意】

出回っている水に関する情報なんかを見ていると、「水をたくさん飲むと、カラダに良い」とうたっています。ここまでで紹介してきたように、確かに水分を取ることは、体にとって良い効果をもたらします。しかし摂取し過ぎた場合は、カラダに不調を招くことがあるため、注意が必要。

例えば、運動をした後などであれば、体が汗をかき水分を欲しがっていることもあり、水分量が増えてもおかしくありません。しかし、体から水分がそれほど排せつされていない状態で必要以上に摂取していると、体内で余分な水分が滞ってしまうことに。そうなると体内で水分が代謝されづらくなり、結果として冷え性の原因となります。冷え性を起こさないためにも、日ごろの水分排せつ量と摂取量を気にかけてみましょう。

 

食事中に水を飲み過ぎると消化不良の可能性が!【注意】

食事中にまわりを見渡すと「水をガブ飲みしている」、そんな人を見かけたことはありませんか?実はあまり聞いたことはないかもしれないですが、食事中に水分を取り過ぎてしまうと、消化不良を引き起こす可能性があるため注意が必要。ではどうして、食事中に水を飲むだけでそのような危険を招く可能性が出てくるのか、理由を3つ見ていきましょう。

 

1:そしゃく数が減るから

食事中に水をガブ飲みすると、食べ物を口に入れたときにそしゃく回数が減ってしまいます。そしてそしゃく回数が減れば、細かくかみ砕くことができません。食べ物がその状態のまま胃に流し込まれれば、必然的に消化不良となるわけです。

 

2:唾液分泌が減るから

口に入った食べ物は、唾液によって消化されます。しかし食事中に大量の水を摂取した場合、唾液分泌が減少し消化が中途半端となり、結果として消化不良となります。

 

3:胃液を薄めてしまうから

胃液には消化液が含まれていており、食べ物と混じり合うことによって消化を助けます。しかし食事中に水を取り過ぎてしまうと、胃の中の消化液が薄れてしまい、食べ物が未消化になってしまいます。結果、消化不良を招き胃の消化負担が増えてしまうことになります。

食事による消化不良を起こさないためにも、食事中の水分摂取を控える必要があります。どうしても喉が渇くようであれば、食前・食後に水分を取りましょう。

 

まとめ

水と健康のつながりについて紹介してきましたが、おさえることはできましたでしょうか?冒頭でも説明したように、水分は私たちの体にとって必要不可欠。飲み過ぎはよくありませんが、より健康に毎日を過ごすためには適切に水分補給をしっかりと取る必要があります。

 

 

page top