ミネラルウォーターで目を洗う危険性と緊急時の対処法

ミネラルウォーターで目を洗う危険性と緊急時の対処法

顔を洗っているときに目がゴロゴロして、目を洗いたいと思われたことはありませんか?そして目を洗われる方にとっては、残留塩素を含む水道水で目を洗っても平気なのかな?ウォーターサーバー等の、ミネラルウォーターで洗うほうが目に優しいのでは?と疑問をもたれる方もいるでしょう。

ここでは、ミネラルウォーターで目を洗う危険性を主題に説明をいたします。

 

【結論】水道水・ミネラル水で目を洗ってはダメ

いきなりですが結論です。目がゴロゴロして洗いたくなったとしても、水道水やミネラルウォーターで洗うことは絶対に避けましょう。

理由は下記でお伝えいたします。

水道水に含まれる塩素で角膜が傷つく

水道水には、冒頭でもあったように塩素が含まれています。ひと昔前であれば、プールに行った後や海で泳いだ後は、しっかりと目を洗いましょうと言われていました。そのため、今でも目を洗っているひとを見かけます。

ですが、眼科専門医の研究では「水道水などで目を洗うと、眼球に悪影響を及ぼす」と発表されており、プールや海水浴後であったとしても、目は洗わないほうが良いと言われています。水道水に含まれる塩素は本来、水に含まれる微生物を除去する目的で使われています。

目に入れると塩素で角膜を傷つける可能性があるため、水道水で目を洗うことは避けるようにしましょう。

 

ミネラル水も含む成分で角膜を傷つける可能性がある

ミネラルウォーターであれば、普段飲んでいるキレイな水だから大丈夫であろうと思われるかもしれないですが、実は目を洗う水として適していません。

理由は、ミネラルウォーターに含まれているミネラル成分が角膜を傷つけてしまう可能性があるからです。また、ミネラルウォーターにはカルシウムなどのミネラル成分の他にも、サーバー内で繁殖した細菌が混ざっていることも考えられます。角膜を傷つけないためにも、目を洗うことは避けるべきだと言えます。

 

目薬や涙を流して対処をしよう

水道水やミネラルウォーターで目を洗ってはいけないと、ここまでの説明でおさえることができました。では、どうしても目を洗いたいと思ったとき、どうすればいいのでしょうか?

答えは何もしなくても良いです。目は涙層・ムチン層・油層といった3層からできており、自浄力があります。つまり、目を洗わなくても先ほどの3層がキレイに対応してくれるというわけなのです。

何が何でも目を洗いたいと思ったときには、目薬を使用するかアクビなどで涙を出して対処をしましょう。

 

洗剤などが目に入ってしまった場合はどうすれば?

洗い物や洗濯物をしていると、洗剤が跳ねて目に入ることもあるでしょう。そのような場合はどうすればいいのでしょうか。

 

緊急時であれば水道水を利用して対処

ここまでの話では、水道水は塩素を含み角膜を傷つけるため、目を洗わないようにとお伝えしてきました。ですが、洗剤が目に入ったなどの緊急時では話が異なります。水道水を使い、目に入った異物をしっかり取り除くようにしましょう。

また、水道水を使ったことによる不安や、目に違和感が残る場合には眼科へ行かれるようお願いいたします。

 

おわりに

水道水・ミネラルウォーターで目を洗っても良いか!について説明をしてきました。結論を述べると、どちらも角膜を傷つけるため避けるべきと言えます。どうしても、目を洗いたいといった場合には目薬や涙で対処されることをおすすめします。

page top