いま話題!さゆの効果と正しい作り方

いま話題!白湯の効果と正しい作り方

みなさんはさゆをご存じですか?さゆを飲み続けると体にとってうれしい効果が多々あり、とても簡単に作ることができると、話題となっています。

今回はさゆを飲むことで得られる効果と、正しいさゆの作り方について紹介します。

 

さゆが身体に与える効果

さゆが身体に与える効果を紹介

さゆによって得られる効果はピックアップすると下記のようになります。

  • ・冷え性の改善
  • ・基礎代謝がアップ
  • ・血流が良くなりむくみの改善
  • ・便通の改善
  • ・デトックス

さゆを飲み続けると身体の芯から温まり、上記のような効果が得られます。他にも身体にとってプラスの効果が得られるため、さゆを試してみてはいかがでしょうか。下記で、正しいさゆの作り方について紹介をします。

 

さゆの正しい作り方

さゆの正しい作り方

水をただ温めるだけでは、さゆとはなりません。さゆを厳密にいうと、一度温めたお湯を少し冷ました状態のことをいいます。

たしかにお湯を飲むことでも体温は上がりますが、よりすてきな効果を引き出すことを考えるのであれば、正しいさゆの作り方を下記でおさえておきましょう。

 

やかんを使う場合

さゆを作るにはいくつかの方法がありますが、時間に余裕があるのであれば「やかん」を使うことが1番のおすすめ。やかんを使ったさゆの作り方は簡単で、やかんにさゆを作りたい量だけ水を入れます。

水を入れた後はやかんにふたをして、沸騰するまで強火をあてる。沸騰後はやかんのふたを外し、15分ほど弱火をあて続ける。15分ほどたてば、火を止めカップに注ぎ50℃くらいまで冷ます。それでさゆの完成です。

上記手順の中で、「どうしてやかんのふたを外す必要があるの?」と疑問をもたれる方がいますが、理由は沸騰させたままふたを外すことで、水の中に含まれている不純物(身体に悪影響のトリハロメタンなど)を取り除くことができるからです。

 

電子レンジを使う場合

やかんで沸騰させる時間がない、もっと手早くさゆを作って飲みたいと思われる方に、電子レンジを使ってさゆを作る方法をお伝えします。カップにさゆを飲む量を入れ、レンジで温める。温まったら50℃くらいまで冷まして完成です。

ただし、上記でも説明したように水道水を使う場合は発がん性物質であるトリハロメタンの除去が電子レンジでは難しいため、おすすめできません。レンジを使う場合は、天然水やミネラルウォーターの利用をおすすめします。

また、温度が冷めたからといって、温めなおすことはしないようにしましょう。さゆは「一度温めたお湯を冷ましたもの」であり、温めなおすと水が保っているバランスが崩れる。これが理由となります。

 

水道水を使う場合は目安15分沸騰

さゆを作るために使う水を、水道水か天然水・ミネラルウォーターのどれを使おうかと悩む人も少なくありません。天然水やミネラルウォーターの方が安全といわれる方もいますし、どうせ沸騰させるのであれば水道水も天然水も変わらないといわれる方もいます。

結論をいうと水道水・天然水やミネラルウォーターのどれを使っても身体に支障はありません。

ただしここで注意しておくべきことが1点。水道水の場合、残留塩素が原因で「トリハロメタン」と呼ばれる発がん性物質を精製します。トリハロメタンは発がんのリスクを高める他、中枢神経や肝機能へ大きなダメージを与え、アトピー性皮膚炎を起こす、イライラする、身体が疲れやすくなるなどさまざまな症状を引き起こします。

身体へ悪影響を与えるトリハロメタンは15分程度、沸騰させ続けることで除去することが可能です。トリハロメタンを除去するためにも、できるだけ電子レンジなどで温めるのではなく、根気強く沸騰させることをおすすめします。

 

まとめ

話題となっているさゆの効果と作り方について紹介をしてきました。正しい作り方をして飲み続けることで、身体に良い反応が現れます。今回の内容を参考に、ぜひさゆを試してみてください。

また「水道水はトリハロメタンが気になる」と感じられる方は、天然水やミネラルウォーターを使用しましょう。

 

 

page top