「水素水」がもたらす効果・効能と選び方

「水素水」がもたらす効果・効能と選び方

ドラッグストアやスーパーへ足を運ぶと、水素水に関連した商品をよく目にします。みなさんも一度は水素水が売られているのを目にしたことがありますよね?水素水はアンチエイジングなどといった美容効果だけでなく、さまざまな疾患に対する改善効果も認められているのです。

身近な場所やネットでも購入することができ、多くの人が愛飲している水素水の効果・効能について解説していきます。

 

水素水の魅力は何といっても「抗酸化力」

水素水の魅力は何といっても「抗酸化力」

水素水の最大の魅力は、活性酸素を中和させる抗酸化力であるといえます。例えばリンゴを切ってそのまま放置していると、リンゴが空気に触れて酸化・変色しますよね?人間の体も目には見えていなくても、リンゴと同じように酸化をします。体が酸化すると、シワやたるみといった肌の老化が起きるのです。

水素水には抗酸化力があるため、酸化を防ぐことができ老化を食い止めるといわれていることから、「若返りの水」と呼ばれることもあります。

 

あらゆる病気に効果がある万能水

水素(H2)は体を老化し、病気を招くといわれている活性酸素(O2)と結びつくことで、体に無害である水(H2O)に変換できる抗酸化作用があります。体にとってよく働いてくれる水素水は、さまざまな病気や肌トラブルなどにとても効果的といわれています。

まずは冒頭でも出てきた、シワやたるみといった肌の老化、くすみやシミなどのアンチエイジングケア効果です。体の細胞を活発に働かせ新陳代謝を上げることからダイエットにも効果的とされ、美容やダイエットを行っている多くの人が飲まれています。

また水素水がもつ抗酸化で体内の活性酸素を除去することで、がんや心筋梗塞、動脈硬化やパーキンソン病などあらゆる病気にも改善効果があるといわれています。

 

記憶力の低下やボケ防止など、脳にも効果◎

とある研究で知的作業に入る前にコップ数杯分の水を飲むことで、脳の反応時間が早くなることが確認されました。このような反応が起きる理由は、認知症など神経細胞を変性させる活性酸素を水素水で無毒化できるからです。

 

水素水の正しい選び方のポイント

水素水の正しい選び方のポイント

ここまでで、水素水はアンチエイジングやあらゆる病気に効果がある万能水であるということがわかりました。

とはいえ、販売されている全ての水素水から紹介した効果を得られるというわけではありません。水素水から効果を得るためにも、正しい水素水選びをしましょう。下記でポイントを紹介します。

 

ポイント1. 水素の量が豊富に含まれている水を選ぶ

水素量が多ければ多いほど抗酸化力が高まり効果的であるといえます。水素量が1.2ppm以上含まれていると良いといわれているため、目安として覚えておきましょう。水素水の種類が多くてどれを選べばいいかわからないといったときには、1.2ppm以上のもの を選びましょう。

 

ポイント2. 自分が飲みやすいものを選ぶ

ミネラルウォーターや天然水には「硬水」や「軟水」といった硬度があり、人によって飲み心地や好き嫌いは異なります。軟水の方が硬水よりも柔らかく飲みやすいのが一般的。対して硬水は、口に入れた瞬間少し重たい感じがして飲みにくいといわれる方がいます。

また、硬水はカルシウムやマグネシウムといったミネラル成分を豊富に含んでいますが、多く摂取することで消化をするために少し負担がかかります。選ぶときには自分にとって飲みやすいかどうか、体にとって負担となっていないかどうかを基準に選びましょう。

 

まとめ

今回は水素水について効果・効能、どのような水素水を選べば良いのかというポイントを紹介してきました。活性酸素は体にとって有毒物質といえます。水素水はこの活性酸素を無効化できる、いってみれば救世主。

健康面を考えられる方は、積極的に水素水を飲みましょう。

page top