ウォーターサーバー活用術!5秒でできるさゆ飲み健康法

ウォーターサーバー活用術!5秒でできる白湯飲み健康法

ウォーターサーバーは何といっても、おいしくて冷たい水がすぐに飲めるところが売りです。ですが今回は、スピンオフともいえる部分をみなさまへお伝えいたします。

それは、ウォーターサーバーから出るお湯(さゆ)を活用した健康作りについてです。ウォーターサーバーがあれば今すぐにできる簡単な方法です。ぜひ、ウォーターサーバー活用術のひとつとして参考としてください。

 

さゆとは

さゆとはお水を沸かしただけのお湯のことをいいます。もちろん真水を沸かせばさゆを作ることができますが、ウォーターサーバーを使えばさゆは5秒でできちゃいます。

 

さゆの適温は50℃前後

さゆの作り方は、ウォーターサーバーからお湯を出し、ウォーターサーバーの水で適温に合わせるだけです。

サーバーにもよりますが、サーバーから出るお湯は80~90℃くらいです。さゆの適温は50℃前後といわれていますから、コップに注いだお湯を水でほどよく温かいと感じる温度に調整するだけです。

水を沸かしてさゆを作るより時間いらずで、光熱費もかなり節約できます。

 

発祥の地はインド

さゆは、インドの伝統医学であるアーユルヴェーダから始まり、健康に良い飲み物だと重宝されています。

「ただのお湯!」と侮っていてはもったいないですよ。ここでは、さゆに期待できる効果について解説していきます。

 

さゆに期待できる健康効果

女性が白湯を飲んでいる

1. 腸内がキレイになり代謝がアップする

毎日お風呂で頭やカラダについた汚れを落とすように、健康なカラダを作るためには、体内の汚れを落とすことも大切です。

さゆは腸内環境を整え、腸内についた汚れを剝がし排せつを促すデトックス効果があります。腸内がキレイになることで、新陳代謝が上がり健康なカラダへとつながります。

 

2. 血行促進により肌ケアになる

シミやソバカス、シワ・ニキビといったお肌に関するトラブルは多くの場合が、肌の乾燥や血行不良が招くものです。

前述のように、さゆを飲むと新陳代謝が上がります。代謝が上がると血行が良くなるため、細胞の隅々まで肌が必要とする栄養素を届けることができるのです。栄養が十分に行き渡ることで免疫力が高まるため、ニキビやシワといった肌荒れ対策ができるというわけです。

 

3. 脂肪燃焼によるダイエットサポート

さゆを飲んで代謝が上がり血行が促進されることで、体温は上昇します。

体温(内臓内の温度)が1℃上がるだけで、免疫力が高まるほか、基礎代謝も通常より10%程度上がるといわれているため、体脂肪が燃焼されやすくなり、ダイエットの手助けをしてくれるといえます。

ダイエットをされている方も、さゆを飲まれている人が多いです。

 

さゆの飲み方についてワンポイント!

さゆの飲み方についてワンポイント!

 

飲むタイミング

さゆに期待できる効果をより引き出そうと思うのであれば、飲むタイミングをおさえることが大切です。おすすめのタイミングは、「起床時」「食事中」「就寝前」です。どうしてこのタイミングが良いのかについても見ておきましょう。

■起床時:

私たち人間は寝ているときでも汗をかき、朝起きるころにはカラダから多くの水分が失われています。カラダが渇いている状態であるため、吸収力が良く、さゆの効果をより引き出してくれます。

■食事中:

さゆを飲むと、血行が腸内環境が整い血行が促進されるため、食事からの栄養を吸収し、カラダの隅々まで栄養を届けてくれます。また、基礎代謝が上がるため、カロリー消費のサポートもしてくれます。

■就寝前:

ほどよく温かいさゆがカラダに入ることで、脳がリラックスします。脳がリラックス状態になると、自律神経(交感神経・副交感神経)の副交感神経が優位に働きだすため、安眠しやすくなります。

質の高い睡眠は健康なカラダ作りをするために必要です。

 

一気にではなく、チビチビ飲むと◎

時間に追われているときなど、一気にゴクゴク飲んでしまう場合がありますが、できればチビチビと時間をかけて飲むことを意識しましょう。

一気に飲んでしまうと、腸内の機能が鈍ってしまう可能性があります。ゆっくりカラダのなかにさゆが入り、さゆの温かさが染みわたっていると感じながら飲みましょう。

 

おわりに

さゆは真水を沸かして作ることもできますが、ウォーターサーバーがあると大幅な時間短縮・光熱費の削減ができ作れるため、とても便利です。

ウォーターサーバーを導入されている方、これから導入を考えられている方は、さゆ飲みで健康を目指してみてください。

 

 

page top