エコノミー症候群の予防には水分補給が必要?

エコノミー症候群の予防には水分補給が必要?

これまでに一度は「エコノミー症候群」という言葉を聞いたことがあるという方が多いと思います。

エコノミー症候群にかかる人はとても多く、旅行中だけでなく日常生活の中でも発症する可能性があるのです。こちらで、エコノミー症候群を防止するために大切なポイントを見ておきませんか?

 

エコノミー症候群(静脈血栓塞栓(そくせん)症)とは?

エコノミー症候群の予防には水分補給が必要?

エコノミー症候群とはその名の通り、飛行機のエコノミークラスのように狭い場所で長時間座っていることで起こる可能性が高まる、命に危険性がある症状を言います。

狭い場所で長時間、同じ体勢で過ごすことで足に走る静脈の血行は悪くなり、血栓(血の塊)ができることがあります。

この血液循環の悪さに水分不足まで加わってしまうと、血液が濃縮されドロドロになるため、さらに血管内で詰まりを見せるでしょう。このように血栓ができ、静脈が詰まってしまうことを「深部静脈血栓症」と呼び、これまでしばらく同じ体勢で座っていたのに、急に立ち上がることで血栓が飛び、肺が詰まることを「肺血栓塞栓症」と言います。

これら2つの症状をエコノミー症候群と呼び、発症する人は多いため自身のカラダを守るためにも、エコノミー症候群の予防を意識・実践することが大切となってきます。

 

エコノミー症候群の予防は水を飲むこと

エコノミー症候群は長時間カラダを動かすことができない場所、かつ水分不足が生じる場所であれば飛行機内だけに限らず、バスや電車・タクシー内で起こることも十分考えられます。

もっと言えばオフィス内でのジムワーク、映画館の中や、社内での長時間にわたる会議中でも可能性はあると言えるでしょう。

エコノミー症候群の予防を考えたときに、飛行機内や映画館内といった場所でこまめに動くといったことは難しいと思います。そこで予防策としておすすめしたいのが、しっかりと水分補給をすること。当たり前のように思われるかもしれないですが、エコノミー症候群にかかる人の多くはしっかり水分補給が行えていませんでした。

お水を飲むと血液が薄まり循環が良くなります。エコノミー症候群の効果的で、今すぐ実践できる予防策は水分補給をすることと覚えておきましょう。

 

あえて言うなら「炭酸水」か「中硬水」がおすすめ

水分補給をする上であえておすすめをするのであれば、炭酸水か中硬水がおすすめです。特に炭酸水は血流をよくする働きがあるので積極的に飲みたいところ。

お水の硬度に関しても中硬水や硬水にはカルシウムやマグネシウムといったミネラル成分が豊富に含まれているため、水分と合わせてミネラルも補給することが可能となります。

 

エコノミー症候群にかかりやすい人の特徴

エコノミー症候群にかかりやすい人の特徴

エコノミー症候群の原因である血栓ができやすい人、そうでない人というのが解明されています。下記にあげる特徴がある方は、血栓ができやすいと言われています。

  • ・肥満症
  • ・生活習慣病をかかえている
  • ・喫煙者
  • ・頻繁にアルコールを飲んでいる
  • ・長時間足を組む癖がある

中でも特に注意が必要と言えるのが、「生活習慣病」をかかえている方です。生活習慣病の症状としては「高血圧」「高血糖」「高コレステロール」が有名ですが、これらは血液の濃度(ドロドロ)が関係していますよね。

少しでもエコノミー症候群を予防するためには、やはりしっかりと水分をしっかり補給することで、血液循環をよくしておく必要があります。

 

まとめ

エコノミー症候群(静脈血栓塞栓症)の症状や予防の仕方についてここまで紹介を進めてきました。参考となりましたでしょうか?前述でもふれたように、エコノミー症候群は飛行機の中だけで起こるというわけではありません。

それこそ電車内やオフィスの中など、日常生活の中で発症する可能性は十分に考えられます。しっかりと水分補給を行い、血液循環をよくすることでエコノミー症候群を予防しましょう。

 

 

page top