簡単かつ効果的に「水道水」のカルキを抜く方法

簡単かつ効果的に「水道水」のカルキを抜く方法

日本の水道水は世界でもトップクラスの安全性と言われています。ですが、水道水を飲もうと口に入れたとき、カルキ臭がするなど、何となく嫌だなと感じられた経験はありませんか?水道水は、一定以上の衛生状態を保ち、飲んでも健康状態が損なわれないように塩素消毒が行われています。

この塩素消毒に含まれている「カルキ」が嫌な臭いや、おいしくないと感じさせている要因と一般的に言われているのです。

ここでは、水道水に含まれるカルキを抜き、少しでも臭いや嫌な味から解放される方法を紹介いたします。

 

水道水の塩素消毒は厚生労働省の決定によるもの

冒頭でも、水道水の臭いや何となく嫌な味がする原因は塩素消毒に含まれるカルキによるものだと説明をしました。まれに、「うちの家から出る水道水はカルキを入れなくても良い」と言われる方がいますが、そのようなことは残念ながらできません。

日本の水道水には水道法といった法律があり、水質基準が設けられ厚生労働省(国)が塩素消毒を決定しているからです。

 

塩素消毒(カルキ)の効果・副作用

塩素消毒(カルキ)の効果・副作用

厚生労働省で決定されている水道水の塩素消毒。果たしてこの塩素消毒(カルキ)では、どのような効果があるのでしょう?

また、塩素消毒と聞くとカラダに悪そうなイメージが湧きますが、塩素消毒を行った水道水を飲むことで考えられる副作用はないのでしょうか。近年、塩素消毒に含まれるカルキがもたらす副作用といった部分に懸念の声が浮上してきました。

下記で確認をしていきましょう。

 

塩素消毒の効果はズバリ、殺菌効果

塩素には強い殺菌力があり、水道水に含まれるウイルスや微生物などを殺菌することが期待できます。これが水道水で塩素消毒を行っている理由となります。

 

副作用として、発がんの懸念

塩素消毒(カルキ)は、水中に含まれている細菌・微生物を分解する際に、トリハロメタンという物質を発生させます。

トリハロメタンとは、 有機ハロゲン化合物の一種であり、ブロモジクロロメタン・ジブロモクロロメタン・クロロホルム・ブロモホルムの4種類を総称したものを指します。

トリハロメタン物質を摂取し続けると、イライラする、疲労感が強く出たり無気力になるといった原因となる他に、肝機能障害が出たり、発がんの可能性があるとも言われています。とある調査の結果によると、トリハロメタンが含まれている水道水を飲み続けていると、流産率が高まっていることがわかったと言われています。

 

副作用として肌がガサガサになる場合も

特に女性の方にとって、肌や髪の毛が荒れるといった部分も見逃せないところでしょう。個々の肌質や年齢などによって影響度合いも異なりますが、例えば天然水を使って毎日顔を洗っている人と、水道水で顔を洗っている人の肌質を比べると、水道水で肌を洗っている人の方が、実年齢と比べて肌年齢が高い場合が多いのです。

この理由として考えられるのは、カルキによるたんぱく質の破壊です。たんぱく質が関わる部分は、爪や髪の毛、皮膚といったように全身に及びます。水道水のカルキによって肌が荒れるといった懸念があると覚えておきましょう。

 

水道水のカルキを抜く方法

水道水のカルキを抜く方法

塩素消毒(カルキ)には殺菌作用がある良い面があれば、発がんや肌が荒れる懸念があります。少しでも水道水を飲むことへの不安を解消するために、水道水に含まれるカルキを抜く方法を紹介いたします。

 

ヤカンを使い沸騰させた後、しばらく放置

水道水に含まれるカルキ抜きの方法として一般的に知られており、多くの方が実践している方法がこれです。

ヤカンを使い、水道水を沸騰させましょう。沸騰してから10分程度は水道水の残留塩素がトリハロメタンへと変化をしているため、沸騰してカルキが抜けたと安心して、すぐに飲むのは控えましょう。

目安で、30~40分程度放置されることをおすすめします。

 

カット(スライス)レモンを入れる

レモンには豊富なビタミンCが含まれているとして有名。ですが、ビタミンCには塩素を分解する作用があるといったことは、あまり知られていません。中華料理店など飲食店へ足を運ぶと、水ボトルにレモンが入った光景を目にしませんか?これは、短時間で効果的にビタミンCの作用を利用してカルキを抜く目的があります。

コップ1杯など少量の場合、カット・スライスレモンを入れなくても、レモンを搾り2、3滴レモン汁を入れるだけでも、カルキ抜き効果を期待できると言われています。

 

まとめ

水道水の塩素消毒による効果や、考えられる副作用について。そして水道水に含まれる残留塩素(カルキ)を簡単かつ効果的に抜く方法を紹介してきました。上記の説明で見たように、確かに沸騰をさせて時間を置く。レモンを入れるという方法は簡単で効果的と言えます。

しかし、沸騰をさせるための光熱費や毎日のレモン代と違った視点で考えると、カルキ抜きをしてまで水道水を使うべきなのか?と悩むところであります。そんな際には、ウォーターサーバーの導入を検討されてみるのも良いかもしれません。

 

 

page top