脱水症状になりやすい高齢者の水分補給をするときのポイント

コップに入った水

いつでも手早くおいしい水が飲めるといった理由などから、ウォーターサーバーを導入される方が昔と比べて増えてきました。また健康のためには、水分補給が特に大事であるということも世間に広く知られるようになりました。

水分補給に関してですが、特に高齢者の方にも積極的に水分補給を行う意識を持っていただきたいです。理由は今回のタイトルでも記載している通り、高齢者の方は脱水症状(水分不足)に陥りやすいからです。また、命の危険にさらされる可能性もあるため、やはり大切であると言えます。

高齢者の方はもちろん、介護をされている方に今回の内容を参考としてもらえると幸いです。

 

高齢者が水分不足になりやすい理由とは?

冒頭で、高齢者の方は脱水症状(水分不足)になりやすいと記載しました。では、どうして高齢者は水分不足になりやすいのでしょうか?「介護応援ネット」の記載内容を参考に、理由をしっかりとおさえておきましょう。

 

筋肉量が減るから

理由のひとつとして、筋肉量が減少することで、体内に水分が蓄えられなくなることが考えられます。介護応援ネットによると、成人の体内では水分量が60%程度あるにも関わらず、高齢者になると水分量が50%ほどまで減少するとあります。水分は主に筋肉細胞内へ蓄えられているため、加齢により筋肉量が落ちるとともに、水分が蓄えられなくなり、水分不足となるわけなのです。

参考サイト:介護応援ネット

 

腎臓機能の低下により尿量が増えるから

こちらも「介護応援ネット」の内容を参考としています。歳を重ねると感覚機能が低下するため、カラダのなかで水分不足が起きていたとしても、喉の渇きを感じづらくなるといった傾向があるようです。喉が渇いたと感じず水分補給の回数が減ることから、必然的に水分不足に陥ってしまうというわけなのです。

参考サイト:介護応援ネット

 

感覚機能の衰え

高齢者になるとカラダに水分が足りなかったとしても、感覚機能が低下しているため喉が渇いたと認識しにくくなり、水分補給の回数が減ります。介護をされている方は、「喉が渇く」「水を飲みたい」と言われなくとも、水分補給をした時間やどれくらいの量を飲んだかを管理し、高齢者の方が脱水症状を起こさないよう注意しておきましょう。

 

高齢者の水分補給で意識すべきポイント

ここまでで、どうして高齢者の方が脱水症状を起こしやすいのかを紹介してきました。脱水症状とならないために、おさえておくべきポイントを確認しておきましょう。

 

水分補給の量

すでにご存じかもしれないですが、私たちのカラダの大半は水分でできています。呼吸をするときや排せつ時はもちろん、寝ている間でも水分は体内から失われています。季節や年齢によって多少の異なりはありますが、私たちが脱水症状を予防するためには、1日に1.5リットル〜2リットル程度の水分補給が必要と言われています。

日常生活のなかで失われた水分は、起床時・食事・入浴後・就寝前とこまめに分けてコップ1杯程度飲むようにしましょう。また、みそ汁やスープ類、果物などを食べ食事からも水分がとれるようにしましょう。

 

常温の水がおすすめ

水分補給の飲み物として特に良いと言われているのは水です。とはいえ、水の温度には少し注意が必要です。冷たい水はカラダに大きな負担をかけます。体内に入って吸収されやすい常温の水を飲むようにしましょう。

また緑茶を好んで飲まれている高齢者の方がいますが、利尿作用があるカフェイン成分が含まれているため、高齢者の方の水分補給としてはおすすめできません。やはり、常温の水を飲むようにしましょう。

 

周囲の気づきがとても重要

前述したように、歳を重ねると感覚機能が衰えるため、水分補給が必要な状況であっても脱水を自覚しづらく自発的に水分補給をすることが難しくなります。そのため、周囲にいる方の気づきがとても重要となります。

ここまでの説明でもお伝えしましたが、高齢者の方が水分補給をした時間や、どれくらいの量を飲んだかを管理して、水分補給を促すといった動きが大切となります。

 

おわりに

脱水症状になりやすい、高齢者の方が水分補給をするときのポイントについて紹介をしてきました。ここまでの説明のように、高齢者の方はカラダから水分が失われて脱水症状であったとしても気づいていないことがあります。

日常生活のなかで起床時・食事、入浴前後・就寝前とこまめに分けてコップ1杯分の水を飲むようにしましょう。また、介護をされている方や周囲にいる方は、積極的に水分補給を促しましょう。

 

 

page top