ウォーターサーバー市場が熱い!会社で違う特徴と激選した7社を紹介

会社によって異なるウォーターサーバー提供の差別化!7社を紹介

近年ではウォーターサーバーの普及率が高まり、多くの会社を始め一般家庭でも導入される傾向にあります。

ここでは、ウォーターサーバー会社がどのように差別化を考え商品を展開しているのか、そして数あるウォーターサーバー会社のなかでも特におすすめしたい、ウォーターサーバーをご紹介いたします。

 

2011年以降、備蓄水として普及率が高まる

ウォーターサーバーの普及率がいつ頃から伸び出したのかというと、2011年に発生した大震災以降です。理由としては、震災の影響により備蓄水として求める人が増えたため。実際問題、2011年に発生した大震災直後は、コンビニやスーパーのどこに行っても市販の水が売り切れで入手困難でした。この事実からも、備蓄水として求める人が増えたということに対して信ぴょう性はかなり高いと言えます。

 

ライフステージの変化も購入のきっかけに

先ほどの説明のように、備蓄水目的を兼ねてウォーターサーバーを契約される方は少なくありません。さらに、ウォーターサーバーの導入きっかけを考えてみると、結婚をして、赤ちゃんが生まれるのをきっかけに、安心したお水を飲ませてあげたい。新築へ引っ越しをしてから、友人が頻繁に遊びに来るため、おいしいお水を出したいなどがあります。

このように、人によってウォーターサーバーを導入したいと思う目的は異なりますが、ライフステージの変化も、ウォーターサーバーの普及率に大きく関わっていると言えそうです。

 

ウォーターサーバーの買い替えも増えている

ウォーターサーバーは、しばらく利用したサーバー会社から同会社の別機種、もしくは別会社の機種へと買い替えをされる方も増えています。身近なところで例を出すと携帯電話がイメージしやすいかもしれません。

しばらく使用をして故障し、新しい機能が付いた機種が出たことがきっかけに買い替えますよね?ウォーターサーバーも携帯電話のように日用化されているため、買い替える人が多くいるのです。

 

今後もウォーターサーバー市場へ参入する会社は増加する?

ここまでの説明でウォーターサーバー市場は普及率(利用者)が高まり、拡大化しているとイメージが付いたことかと思います。

今後もウォーターサーバー市場へ参入しようとする企業は増加すると考えられます。下記からは企業目線で、ウォーターサーバー市場へ参入する企業がどうして増えるのかを考えていきましょう。企業目線で視野が広がることにより、これからのウォーターサーバー選びに生かせるなど、新たな発見があるかもしれません。

 

宅配ビジネスのポイントは2つある

ウォーターサーバーをみなさまへお届けするサービス、いわゆる宅配ビジネスには企業にとってのうまみが2つ存在していると考えられます。

●1つ目が会員制交流サイト(SNS)やリアル口コミの効果を利用した顧客の囲い込み

●2つ目が契約者からの売り上げ見込みがたつ

となります。下記で以上のポイント2つについて具体的に見ていきましょう。

 

●1. 口コミ効果で顧客の囲い込みが見込める

今では何か情報を得ようと思ったときに、インターネットがあれば迅速にある程度の情報を得ることが可能です。私たちが実際インターネットを使い、このように情報の発信や閲覧を行っているように、インターネットは当たり前のように使われています。

この当たり前が、ウォーターサーバーの宅配ビジネスのポイントとなっていると言えます。気になる商品があれば「商品名+口コミ」「ウォーターサーバー+口コミ」などとネット検索をすれば、多くの情報が出てきますよね?宅配ビジネスではインターネット・口コミにより顧客(つまり私たち消費者)の囲い込みが狙えるビジネスです。

もちろん、他のウォーターサーバー会社と比べて目新しい商品・機能性・安心して飲める水の品質・味といった部分で他社より消費者に目をひかせる必要がありますが、これらの部分をクリアできればウォーターサーバーは日用化され、導入や買い替えが過熱しているため、着実に顧客獲得を目指せると言えるのです。

 

●2. 契約者数から確実な売り上げが見込める

さらに宅配ビジネスのポイントはもう1つあると言えます。それは、契約者数から確実な売り上げが見込めるということ。多くのウォーターサーバー会社では、契約期間が定められており、よく目にするのは2年契約の定めです。一度サーバーの契約をされた方が契約満了まで解約をしないと考えるのであれば、24カ月(12カ月×2年)は毎月契約者数に乗じて売り上げが確定されますよね?

仮に、A社では100人が月々5,000円でウォーターサーバーを契約しているとしましょう。

そうすると、100人×5,000円=500,000円

毎月500,000円のキャッシュインフローが、途中でサーバーを解約されない限り24カ月は続くと見込まれるわけです。どのようにして解約率を下げ、契約率を上乗せしていくことができるかが、ウォーターサーバー市場へ参入している会社にとって最大の課題と言えるかもしれません。

家族3人で水を飲んでいる

 

顧客獲得にむけた激しい競争化

前述であげた2つ以外にも、企業によってはウォーターサーバー市場で光る魅力や、会社を運営させていく目的は異なるかもしれません。

とはいえ、2つのポイントを軸に業績をあげているウォーターサーバー会社は多くあるわけで、成功企業に追随してわが社も大きくしていこうと思う企業が出てくることは大いに予想できるのではないでしょうか。

 

会社によって異なる差別化が必要

このまま本当に参入企業が増えるのであれば、企業同士はどうすればわが社の製品がお客さまに選ばれるのか?使い続けてもらえるのか?さらには、SNSやリアルを通じて拡散(紹介)してもらえるのか?といったところを意識して、その会社にしかない製品やサービスの差別化に注力をしていく必要があると言えます。

 

差別化は加熱市場で企業が勝ち抜くために必須

企業によっては、どこの会社にも負けない「低価格」を売りとしているところもあります。ですが、企業が「他社に負けない低価格」を売りとしているのであれば、それは立派な差別化と言えます。どうして他社よりも低価格にできるのかを考えてみると、独自の生産工場があり人件費をかけないで、大量生産ができるから、独自の流通チャネルを形成していて配送量を大幅にカットできるなど、いろいろ工夫があるのです。

対して、設備投資ができなく大量生産を見込めない、独自の流通チャネルがないといった場合にはどうするかと言うと、他の部分で差別化を図る努力をするのです。例えば、他社が取り扱っているサーバーよりデザイン性を工夫し、誰もが格好良い!会社・自宅に設置をしたい!と思わせるサーバーを製造することが1つ。さらには、赤ちゃんからお年寄りまで安心して飲めるお水を提供するのも1つでしょう。このような差別化を、どこのセグメント(市場領域)へむけて提供するかが、差別化部分を際立たせるための肝となります。

抜群にオシャレなサーバーがたとえ製造されたとしても、市場ターゲットを病院に絞ったところで、選ばれる可能性がより高いのは、オシャレなサーバーではなく赤ちゃんからお年寄りまで安心して飲めるお水を提供する会社のサーバーですよね?このように差別化をどこのセグメントにむけるか。ここが加熱市場で企業が勝ち抜けるかどうかの別れ道と言えるでしょう。

 

差別化がないと価格競争に巻き込まれる

さきほど、他社とは違う何か差別化を生み出し提供しなければ加熱する市場で勝ち抜くことは厳しいとお伝えしてきました。では、実際に他社とは違う差別化が生み出せない企業はどうなってしまうのでしょう?

単純に、顧客から他社と同じ (それ以下) と見られてしまうのであれば、顧客の目をひくためにどうしても価格を下げることになるのではないでしょうか?例えばAとBといった2つの八百屋があなたの家の近くにあったとします。どちらの八百屋でも売られている野菜は同じくらいのおいしさがある大根のみ。A八百屋は1本150円、B八百屋は1本100円で大根を売っています。みなさんが大根を買おうと思ったとき、AとBどちらの八百屋で買いますか?

スタッフのサービスレベルや、家から近い距離といった部分を除外して考えるのであれば、味や特徴がさほど変わらないため、価格が安いB八百屋を選ぶ方が多いと思います。このように、顧客へ差別化となる部分を提供できなければ、顧客の商品へ対する興味がそれほど強くないため、どうしても安い商品が選ばれてしまいます。つまり企業は価格競争に巻き込まれてしまうわけなのです。

もしここで、甘くて最高においしい大根を1日に50本しか売らないC八百屋が現れ1本300円!と売り出したらどうなるでしょうか?「甘くて最高においしい」「1日50本の数量限定」といった差別化がA・Bの八百屋より目をひき、多少価格が高くてもC八百屋の大根を買いに求める人は増えるはずです。

このように、他社とは違う差別化がしっかり確立されていれば価格競争に巻き込まれることなく、加熱する市場内でも十分に勝ち残ることができると言えるのです。

 

差別化が際立つウォーターサーバー会社と特徴を紹介

ここまでは企業目線で内容を見てきましたが、下記からは消費者目線で見ていきましょう。数あるウォーターサーバー会社のなかで、差別化が際立つ会社はどこか!どのようなところが差別化されているのかを紹介いたします。

これからウォーターサーバーを導入しようかと考えられている方はもちろん、ウォーターサーバーの買い替えを考えられている方もぜひ参考としてください。

夫婦で水を飲んでいる

 

とにかくサーバーがオシャレな「フレシャス」

フレシャスと言えば、オシャレなウォーターサーバーを製造・販売しているとして業界内でも有名です。ウォーターサーバーとして初めてグッドデザイン賞を受賞したという実績もあります。ウォーターサーバーを選ぶ基準として、お水のおいしさや品質と合わせて、サーバーのデザイン性にもこだわりをもちたいといった方は少なくありません。

フレシャスのなかでも1番人気となっているウォーターサーバー機種は「dewo」です。高機能かつデザイン性に優れているといった部分で、多くのお客さまがdewoを買い求め、2016年オリコン日本顧客満足度ランキングで堂々の1位を獲得しています。

 

部屋の雰囲気に合わせやすいカラーバリエーション

フレシャスが取り扱っている「dewo」では、下記の5色が取り扱われています。

ミルキーベージュ

ナチュラルピンク

ペールブルー

スカイグレー

メタリックブラック

(2016年12月8日現在)

実際に見ていただくとただの単色ではなく、室内での利用シーン・自然光の色合いまで繊細に考えられ、デザインがされていることがおわかりになると思います。ウォーターサーバーのデザインにとにかくこだわりたいと思われる方に、おすすめのウォーターサーバーであると言えます。

>>フレシャスの詳細はこちら

 

水ボトルの交換がとても楽な「コスモウォーター」

ウォーターサーバーの水ボトルは12リットルサイズの商品が多く、飲み切ったボトルから新しいボトルへ交換するときには、意外と苦労がつきもの。ボトル内は水であるため、持ち上げるときにバランスが崩れやすく、それをサーバー設置のために高い位置まで持ち上げるとなると、男性であってもちょっとした苦労が発生します。

男性で苦労が生じるとなると、女性・お年寄り・妊娠中の方にとってさらに苦労されるのではないかと思われます。コスモウォーターが提供をしている「smartプラス」ウォーターサーバーでは、このようなボトル交換時の労力・負担が大きく減ります。ボトルを高い位置まで持ち上げる必要がなく、ボトルバスケットに水を入れて片手で軽く押すだけで交換終了です。smartプラスを利用すると、足元で楽々と交換が可能として多くの家庭から人気があります。

>>コスモウォーターの天然水サーバーの詳細はこちら

 

天然水への強いこだわりが見られる「富士の湧水」

もちろんどこのウォーターサーバー会社もお客さまへ提供している水へのこだわりは強く、契約されたみなさまのところへおいしい水をお届けしていると思います。そんななかでも、特に強いこだわりが感じられるとしてみなさまへおすすめしたいのが、富士の湧水です。

富士の湧水では、天然水の品質保持にこだわっています。食品安全マネジメントシステム規格「ISO22000」や食品安全の最高位規格である「FSSC22000」の認証を取得した工場にて、徹底した衛生管理のもと富士山から汲み上げた天然水をお届けしています。

また、定期的に200項目以上の水質検査を実施したり、品質管理質の入室制限を設けたり、48時間の無菌試験を実行したりなど、最高品質の天然水をお届けするために努めています。

 

D-パックで天然水の劣化防止

富士の湧水の天然水へのこだわりは、お水以外にも見られます。それは、天然水を詰めている容器です。どれだけ徹底した検査をクリアし品質に問題がなくおいしい水であったとしても、水が外気に触れてしまうと劣化が早くなってしまいます。

そこで富士の湧水は、外気を通しにくいポリエチレンバッグに天然水を詰め、さらにポリエチレンバッグをボックス天然水の劣化を招く外気や日光からガードします。

このような二重構造により、最後の1滴まで安全においしく天然水を楽しめるというのは、富士の湧水の天然水へ注ぐ強いこだわりがあるからと言えるでしょう。

 

非加熱処理の天然水「プレミアムウォーター」

プレミアムウォーターは2013年~2016年現在まで、4年連続で「モンドセレクション金賞」「iTQi優秀味覚賞」を受賞するなど、おいしくて品質の高い天然水を提供しているウォーターサーバー会社として、世界的にも認められており、多くのファンを集めています。

プレミアムウォーターでは、「南阿蘇」「富士吉田」の2つの採水地から天然水を選ぶことができます。そしてこれらの天然水は非加熱処理です。加熱処理を行った場合、どうしてもお水のおいしさを左右する溶存酸素が減少してしまうものですが、非加熱処理では溶存酸素が減少しないため、天然水本来の味を楽しむことができるのです。

非加熱処理は生産管理が難しく、他の製法と比べるとコストがかかってしまいますが、天然水のおいしさを追求するために、あえて非加熱処理を採用しています。おいしい天然水でかなりおすすめです。

 

南阿蘇の天然水は特に女性の愛飲者が多い

プレミアムウォーターの天然水は3の採水地どれもおいしいですが、「南阿蘇」の天然水は多くの女性ファンがいます。理由は豊富に含まれているミネラル成分に加えて、シリカ成分が含まれているからです。シリカは美容やアンチエイジングにも効果的と話題を集め、美を意識する多くの女性が注目している成分です。そのシリカ成分を、毎日の水分補給で摂取できるということから、愛飲者が多く見られます。

非加熱処理のプレミアムウォーターの天然水は、他会社のお水と比べてどのように飲み心地が違うのか、気になりますよね?ウォーターサーバー選びで迷われることがあったときには、プレミアムウォーターを検討の1つとしてはいかがでしょうか。

>>プレミアムウォーターの天然水サーバーの詳細はこちら

 

高品質のお水を低価格で飲める「アルピナ」

前述で「低価格」が差別化(売り)となっている会社があると説明をしました。アルピナはまさに、高品質なお水を他社よりも低価格で提供し差別化できているウォーターサーバー会社であると言えます。

どうしても価格が安いものは高いものと比べて品質が落ちるとイメージがありますが、そんなことはありません。広告費の削減、製造原価や製造工程の見直しや改善を徹底させることで、高品質な商品を低価格で提供することが可能となるのです。

また、赤ちゃんからお年寄りまで安心して飲めるお水としても多くの愛飲者がいることで知られている、おすすめのウォーターサーバーです。

>>アルピナの詳細はこちら

会社によって異なるウォーターサーバー提供の差別化!7社を紹介

 

バナジウム成分+安全保障の「うるのん」

前述のプレミアムウォーター「南阿蘇」天然水には、美容やアンチエイジング効果に期待ができるシリカ成分が含まれており、多くの女性ファンがいると言いました。うるのんの天然水にも実はプレミアムウォーターに負けずと根強い女性ファンが多くいます。

理由の1つに、バナジウム成分(ミネラル成分の一種)が豊富に含まれているからと言えます。情報番組などや各種メディアで多く取り上げられた影響もあり、バナジウムと聞くと「肌に良い!」と真っ先にイメージされる方が多いですが、バナジウムは肌に良いだけではありません。

その他にも糖尿病予防として注目されているのです。糖尿病予防と言われる根拠は、とある研究結果でわかった、バナジウムが体内で血糖値を下げるインスリンと似た働きをするといった部分にあります。

また血糖値が下がることでインスリンの分泌量が減少し、体脂肪の蓄積が抑制されることや、血糖値が下がり血液濃度が薄まることで、血液循環が良くなるため、新陳代謝アップや体内から老廃物を排せつするデトックス効果にも期待があると言われています。

 

365日いつでも(24時間)専門家に相談できる

「うるのん」と契約をされた方のみの特典です。24時間いつでも、看護師・管理栄養士・栄養アドバイザーといった専門家に電話で健康相談や、お水に対する疑問・不安を相談することが可能です。急に体調が悪くなってしまったといったトラブル時はもちろん、赤ちゃんにお水をあげるタイミングや、飲ませる適量がわからないといった不安に対しても電話1本で相談をすることができます。

うるのんは、高水準クリーンルームで人の目により検査を徹底して行っているなど、業界屈指と言われているほど品質管理にたけています。ハイレベルな品質管理に加えて、24時間365サポート体勢をとっているのは、契約されるみなさまへ毎日安心しておいしいお水を飲んでほしいといった、うるのんの思いです。他社にはない、うるのんの差別化されたサービス提供であると言えます。

>>うるのん天然水サーバーの詳細はこちら

 

安心して飲める純水を提供する「アクアクララ」

アクアクララが提供するお水は純水に強いこだわりをもっています。食品衛生法の基準を満たし、飲用に適する水を原水としています。その原水を、アクアクララの独自技術である、逆浸透膜(RO膜)と呼ばれる特殊フィルターでろ過します。ろ過後、ミネラル添加を微調整しながら行います。なかには、ろ過やミネラル添加を行う水よりも、天然由来の水の方が良いのではと思われる方もいるかと思いますが、アクアクララが提供しているデザインウォーター(ろ過・ミネラル添加)は安心とおいしさをより追求した、他社とは少し違ったタイプお水と言えます。

 

H2O以外をほとんど含まない水

アクアクララのお水は、特殊フィルターを使いろ過されていると前述で説明をしましたが、この特殊フィルターでは1,000万分の1mmまでの、ウイルスや雑菌といった不純物までも除去しており、H2O以外をほとんど含んでいない純粋です。

高い安全性として評価をされているナノテクノロジーを駆使していることもあり、赤ちゃんからお年寄りまで、誰にとってもおいしく安全に飲めるお水だと言えます。

 

4種類のミネラル成分でおいしい軟水に

アクアクララの水は、RO膜と呼ばれる特殊フィルターで、H2O以外をほとんど含まない純粋に仕上げているということが前述でわかりました。ここからさらに工程は続きます。アクアクララでは、ろ過した純粋へ現代人にとって必要と言われる4つのミネラル成分(カルシウム・マグネシウム・カリウム・ナトリウム)を微調整でバランスよく配合していきます。ミネラル成分の添加で仕上がるお水は硬度29.7mg/Lの軟水です。赤ちゃんはもちろん、ペットの飲料水としても安心できます。

特に、赤ちゃんは肝機能が未発達状態であるため、ミネラル成分を分解・吸収できないのでは?と心配される方がいますが、アクアクララのお水は、カラダに負担がかからないよう製造されているため安心です。

>>アクアクララの詳細はこちら

会社によって異なるウォーターサーバー提供の差別化!7社を紹介

 

おわりに

ウォーターサーバーはいつでもおいしいお水が飲める、お湯が沸くまで待たなくてもボタン1つでお湯が出て時短になるなどといった利便性から、備蓄水以外の目的でも広く求められています

ガラパゴス携帯がいつの間にか、スマートフォンとなり当たり前になっているように、テレビのアナログが、いつの間にか地デジとなっていることが当たり前となっているように、ウォーターサーバーも日用品化していると言えるでしょう。そして、ウォーターサーバーの普及率が高まるにつれて、市場へ参入する企業も増え、お客さまから選ばれるための差別化競争は激化すると考えられます。

各会社によって商品・サービスを差別化する部分は異なり、これらを投入するセグメント(領域)も異なります。みなさまが、ウォーターサーバーを検討する際には、デザインにこだわりたいのか、価格にこだわりたいのかといった目的を定め、いくつかのウォーターサーバーを比較して検討してみましょう。

今回の内容で紹介をしたおすすめのウォーターサーバー会社

◆オシャレなサーバー:フレシャス

>>フレシャスの詳細はこちら

◆水ボトルの交換が楽:コスモウォーター

>>コスモウォーターの天然水サーバーの詳細はこちら

◆非加熱処理の天然水:プレミアムウォーター

>>プレミアムウォーターの天然水サーバーの詳細はこちら

◆高品質で低価格のお水:アルピナ

>>アルピナの詳細はこちら

◆バナジウム成分+専門家電話サポート:うるのん

>>うるのん天然水サーバーの詳細はこちら

◆デザインウォーター:アクアクララ

>>アクアクララの詳細はこちら

page top