必読ですよ!ウォーターサーバーを契約する前に確認しておくべき注意点

必読ですよ!ウォーターサーバーを契約する前に確認しておくべき注意点

これからウォーターサーバーを契約しようかと考えている最中に、解約後のことまで考えられる方はあまりいないでしょう。しかし、これまでウォーターサーバーを導入した経験がなく、初めてサーバーを設置するといった方に限って、いざ契約を済ませてウォーターサーバーが届き少し使ってみると、思っていた感じと違う!と解約されてしまう方が少なくないのも事実です。

今回は、このような契約してすぐに解約をしてしまうといったリスクを少しでも軽減できるよう、サーバー契約をする前に確認しておくべき注意点を紹介いたします。後々、「頼まなければ良かった…」「出費が悲しい」と思わないためにも、しっかりと確認をしておいてくださいね。

 

ウォーターサーバーの水は水道水より劣化が早い

ウォーターサーバーの水は水道水より劣化が早い

ウォーターサーバーの宅配水は、水道水よりもキレイで安全、かつおいしいから!といった理由でウォーターサーバーの導入を決められる方は多くいます。ですが、1つ注意しておきたいことがあるのです。それは、水道水に含まれている塩素がウォーターサーバーで取り扱われている水には含まれていないということ。

水道水に塩素(カルキ)が使われている理由は、ウイルスや雑菌の殺菌をするためです。塩素が含まれていることでカルキ臭がしたり、トリハロメタン物質による発がん性の懸念があったりといった部分から、ウォーターサーバー水の方が、本当に安心しておいしく飲めると言われるようになりました。

そして、確かにウォーターサーバー水には塩素が含まれておらず、カルキ臭や嫌な味がすることなくおいしいのです!ところが、塩素が含まれていないといったことで、水道水よりも水の劣化・腐敗が早いという声も上がるようになったのです。

 

外気に触れると劣化が加速

ウォーターサーバーのお水は、外気に触れると劣化が早くなります。例えば、朝コップに入れたウォーターサーバーの水をそのままにして外出したとします。夜帰宅をして放置していたお水を光に当ててみると、水の中で何かがユラユラしている…なんてことはよくあります。これは外気に含まれている細菌・微生物などが水の中で繁殖したものとなります。

水道水のように、塩素消毒が行われていないため、どうしても外気に弱く時間をおくと菌が繁殖するものだと注意しておきましょう。

 

契約期間の縛りがある会社がほとんど

ウォーターサーバーの水は水道水より劣化が早い

どこの会社が良いか、検討を重ねて決めたウォーターサーバーであっても、契約をして少し期間がたつと「やっぱり違うメーカーにしたい」と解約に至る可能性は少なからずあります。

当然、他のウォーターサーバーの契約をする際には、契約中であるサーバーを解約する流れとなりますが、この解約時点で初めてウォーターサーバーに契約期間が存在し、契約期間内で解約をすると違約金が発生すると気付かれる方も少なくないのです。

 

契約条件の事前確認は必須

ウォーターサーバーの契約期間として多いのが1~2年。そして前述でも触れたように、契約期間内で解約をすると違約金がかかるわけですが、さらに注意すべきことが。それは契約をする会社によっては、解約時に業者がサーバーを引き取りにくる手数料などが必要となります。

契約をするサーバー会社によって、契約期間や違約金などは異なるため、契約前に必ず確認をしておきましょう。さらに、気になるサーバー会社をいくつかピックアップして、比較検討をされることをおすすめします。

 

水ボトルの注文本数縛りも見逃せない

ウォーターサーバーの契約において、縛りがあるのは契約期間だけとは言えません。サーバー契約をすると、定期的にお水を配送してもらうわけですが、「最低限○○本数は発注してください」という縛りも存在します。

最低本数を発注したはいいが、次回の配送までに水を消費できるのかといった部分も考えておきましょう。

 

まとめ

ウォーターサーバーの契約前に確認しておくべき注意点として、説明をしてきました。これからサーバーを契約しようと検討されている方はどうしても、お水の種類や成分、サーバー機種だけを見てしまいがちですが、今回紹介をした内容のように、契約期間や違約金など、解約をするときにも目をむけておくことが大切と言えます。

page top