洗顔時の水にも気を配ろう!肌荒れ時に適した水、スキンケア方法

洗顔時の水にも気を配ろう!肌荒れ時に適した水、スキンケア方法

お肌の悩みは季節・時期問わず尽きることはないと言えるでしょう。特に、ちょっとした「ストレス」や「寝不足」で簡単に発生してしまうニキビに悩む人は少なくありません。

今回はそんなニキビにお悩みの方に紹介したい、「ミネラルウォーター」を使った洗顔方法についてです。洗顔でミネラルウォーターを使う利点や、方法について紹介します。

 

「水道水」は安全だけど、洗顔には適していない

「水道水」は安全だけど、洗顔には適していない

みなさんは洗顔をするとき、水に対して何かこだわりはありますか?普段顔を洗うとき、水道水を使われることが多いと思います。実は洗顔時に水道水を使うことはニキビができる原因の1つとも言われているのです。

 

水道水には肌荒れを起こす塩素が含まれている

日本の水道水は安全性を保つために塩素消毒が行われているので、水道水には塩素が含まれています。この塩素が洗顔の際に肌へ付着すると、肌のバリアー機能が壊されニキビや乾燥といった肌荒れを起こします。

特に敏感肌・ニキビ肌の方は水道水による影響を受けやすいため注意が必要。日頃から洗顔時に使用する水に気を使うことで、ニキビの発生を抑えられる可能性がでてくるので意識をしてみましょう。

 

肌の刺激が少ない「ミネラルウォーター」がおすすめ

ミネラルウォーターは加熱消毒が行われていますが、水道水のように塩素消毒は行われていません。水に塩素が含まれていないため、肌に触れたときにも刺激が少なく、洗顔に適した水であると言えます。

このようにミネラルウォーターでの洗顔は、塩素による肌荒れを回避することができるため、ニキビ予防につながると考えられます。また、すでにニキビが発生して荒れている場合においても、ミネラルウォーター洗顔はケアとして効果的です。ニキビはちょっとした刺激によって悪化するため、肌への刺激が少ないミネラルウォーターがスムーズな治療へとつながるのです。

 

軟水を使うと泡立ちも良い

軟水を使うことがおすすめな理由として、洗顔フォームの泡立ちが良いといったところもあげられます。硬水で洗顔フォームを泡立てようとすると、多く含まれたミネラル成分が反発して泡立ちが悪く、ゴワついた感じの仕上がりとなります。より肌をいたわり、刺激がないよう優しく洗うためにも、軟水を使ってフワフワな泡を作るようにしましょう。

 

ミネラルウォーターを使ったスキンケアの方法

ミネラルウォーターを使ったスキンケアの方法

ここまでで、洗顔時の水は水道水ではなくミネラルウォーター。ミネラルウォーターのなかでも「軟水」を使うことがお肌に良いということがお解かりになったと思います。

では、「軟水」のミネラルウォーターを使ってどのようにスキンケアをすれば肌に良いのでしょうか?下記で紹介します。

 

コットンを使って力を入れずにパッティング

ミネラルウォーターを使ったスキンケアとして一般的なのが、パッティング。コットンにミネラルウォーターをたっぷりと含ませ、オデコ、鼻、頰、口周り、アゴ、首と頭の先から下に向かい、満遍なくパッティングをしましょう。パッティングのポイントは、力を入れ過ぎず軽く「ぽんぽん」とたたくようにすることです。

 

手でパッティングをする際には、人さし指と中指で

コットンがなく手でパッティングをする際には、人さし指と中指をそろえ、第二関節くらいまでの部分を使って「とんとん」とたたくようにしてください。コットンでパッティングを行う場合も、手でパッティングを行う場合も、敏感な肌に刺激を与えないように優しくしてくださいね。

 

温度も意識できるとなお良し

目を覚ますために冷たい水で洗顔をする人は多いですが、洗顔の適温は「ぬるま湯」です。冷たい水は洗顔フォームなどの泡立ちを悪くするだけでなく、肌表面や毛穴の汚れを落としにくくすると一般的に言われています。

そのため可能であれば、「ぬるま湯」で汚れをしっかり落とし、最後に毛穴引き締めとして冷水を使いましょう。

 

まとめ

肌荒れ時に適した水に関して、またスキンケアの方法について紹介してきました。参考となりましたでしょうか?ニキビや乾燥など、肌荒れに悩む人は時期や季節に関係なく多くいます。少しでも肌に負担がかからないように、少しでも早く肌が改善されるように、今回の内容を取り入れ実践してもらえるとうれしいです。

 

 

page top