レンタル料無料と有料どっちがお得?

レンタル料無料と有料どっちがお得?

はじめに

ウォーターサーバーの導入を検討されている方が、一番気にする個所はおそらく金額に関してではないでしょうか?

毎月の支払額を考えるとコストを安く抑えられるものがいいですね。

その筆頭となるのがお水の値段ですが、ウォーターサーバーはそれ以外にも毎月の費用としてサーバーのレンタル料が発生するものがあります。

無料でレンタルできるところもあるのに、なぜレンタル料が発生するサーバーがあるのでしょうか?

なぜレンタル料が発生するのか

なぜレンタル料が発生するのか

一言に「ウォーターサーバー」と言っても様々な種類があり、エコモードがついていたり、水の温度が4段階から選ぶことができたりと、その機能は多種多様です。

お水の味については実際に飲んでみないとわからないため、ウォーターサーバー導入の際に選ぶ基準となるのはサーバー自体の性能になってくる人も多いはず。

しかし、いくら気に入ったサーバーを見つけたとしてもそのサーバーにレンタル料が発生するとなると、なんとなく尻込みしてしまいます。

どのような意味合いでサーバーのレンタル料というものが発生しているのでしょうか。

メンテナンス時の費用

直接口に入れるものですから、ウォーターサーバー自体に清潔さが求められます。そのため、ウォーターサーバーには「クリーン機能」というサーバー自らが内部をクリーンに保つ性能が備わっているものがあります。

それ以外にもセルフメンテナンスとしてメンテナンスキットが届けられるサーバーもあります。

一番安心できるのは、サーバーをまるごとメンテナンスしてもらうことでしょう。サーバーをクリーンなものと取り替えて、使っていたサーバーはプロが再度メンテナンスして利用されます。

しかし、サーバーを新しいものと交換するメンテナンス方法は、その手間ゆえ別途料金が発生する事が殆どです。だいたい年に1度ではありますが、メンテナンス料が発生します。

そのため、レンタル料が発生するサーバーの多くは、サーバー自体を交換したりプロによるメンテナンスが行われたりするにもかかわらず、メンテナンス料が発生しません。

つまり、月々のサーバーレンタル料とはメンテナンス料として発生しているところがほとんどと考えられるでしょう。

その他サポート費用

サーバーの費用がかかる商品には、故障の際のサポートや配送を行うのが自社スタッフである場合や、メンテナンス以外の面でサポートが充実しているものもあります。万が一の場合にも安心してサポートを受けられることを考えると、月々のサーバー料の発生もうなずけるものです。

レンタル料はどの程度?

レンタル料はどの程度?

サーバーのレンタル料は高くても1,500円程度。安いものであれば300円ほどのものも存在します。多くは500~1,000円程度でしょう。

条件によって異なるレンタル料

ここで気を付けたいのは、同じサーバーでありながらレンタル料が異なる場合があるということです。

例えば8Lボトルと12Lボトルを利用できるサーバーがあったとして、8Lボトルを利用する場合はレンタル料が発生するのに、12Lの場合は無料になるという場合があります。それ以外にも、月々の注文本数が1本であるのと2本であるのではレンタル料が異なるというサーバーもあります。

その他、定期コースである事が必要だったり、無料と言っても最初の何ヶ月間であったりと、その料金体系は様々です。

結局どちらがお得?

結局どちらがお得?

サーバーのレンタル料は、月々の支払額を考える上で重要な要素です。しかし、料金が発生する・しないで選んでしまうのは早計です。

もう少し広い視点から考えてみましょう。

レンタル料とメンテナンス費用

先に述べたようにレンタル料が発生するサーバーの多くは、サーバー交換タイプのメンテナス費用が無料となっていたり、サポートが充実していたりします。

実際に一例を上げてみましょう。

CMでもおなじみのアクアクララはサーバーのレンタル料金が1,000円(商品によって1,500円)となっています。相場から見ても高く感じる金額です。

しかし、アクアクララのレンタル料には「あんしんサポート料」が含まれています。

「あんしんサポート料」とは、サーバーの定期メンテナンスはもちろん、故障対応を含む追加費用を発生させないためのサポート料金です。

このようにサポートが充実しているのであれば、月々レンタル料が発生するというのにも納得です。

トータルで考えて

例に出したアクアクララですが、いくらサポートが充実していてもやはり月々のコストを考えると「いざ」という時よりは「いま」を重要視する方が多いでしょう。

確かに、サーバーのレンタル料が発生しないクリクラなどは最低本数での注文で月額費用はアクアクララよりも安くなる計算です。

しかし、その差は700円程。お水の料金も違いますので、購入本数によって、あるいは発生する電気代や追加費用によってはアクアクララのほうが圧倒的に安かった、ということも発生するのではないでしょうか。

おわりに

これまでレンタル料について見てきましたが、自分に合うサーバーとはレンタル料だけで決まるものではありません。

それぞれのサポートやメンテナンス、あるいは消費するお水の量などすべてを考慮した上で、自分の予算とライフスタイルに合うサーバーを選ぶことが重要です。

page top