ウォーターサーバーの契約前に気をつけるポイント メンテナンスは?

契約前に気をつけるポイント

はじめに

月々のコストパフォーマンスや、サーバー自体の性能やデザイン、そしてなんといってもお水の味と、ウォーターサーバーを決めるのには様々なポイントを確認するかと思います。

自分のライフスタイルにも合わせて色々と考えて導き出した一つのサーバー。しかし契約する前に再度、これからご紹介するポイントを確認することで、より安心してウォーターサーバーの契約を進めることができます。

色々調べたのにまだ調べるのは面倒だと思われるかもしれませんが、毎日つかうウォーターサーバー、失敗しないで契約したい方は是非、次の事項についてよく調べてみてください。

契約するならまず確認したいこと

契約するならまず確認したいこと

ウォーターサーバーを契約するということは、いつしか解約する時が来るということです。契約するのに解約のことを心配しても、と感じるかもしれません。しかし、届いたサーバーやお水が想像と違ったから解約したいと思われる方が少なからずいらっしゃいます。

ネットで見て契約する方にとってはなおさら、実際に見ていないためにイメージとの齟齬に驚くこともあるでしょう。

そうなった時に、実は「解約金」が必要であったり「解約時期」によって解約できる日が決まっていたりと、契約時にしっかりと確認していなかったため、苦い思いをする方がいらっしゃいます。

そうならないためにも、具体的にどのようなところに気をつければ良いのかご紹介いたします。

解約金

ウォーターサーバーを契約する際に必ず確認したいのが解約金です。

ウォーターサーバーは、解約の際に解約料を求められる場合があります。多くの会社が約5,000円と高額です。

この解約料が必要なことを知らずに解約して、思ったよりも高い解約料を取られてしまったという話があります。

解約金がいくら発生するのかは必ず確認しましょう。

解約時期

解約金のお話をしましたが、実は解約金とは解約する際に必ず支払わなければならないというわけではありません。一定の期間の間に解約した場合、支払いが必要となります。その期間というのが「契約日数」です。

契約日数は短いところでは6ヶ月、多くは1ヶ月ですが、中にはそれ以上の契約日数を設定しているウォーターサーバーもあります。

この契約日数に満たない間に解約をすると、解約金というものが発生します。

そのため、まずは契約の時期がいつまでなのか、そして解約金がいくらなのかという2点を抑えておくことで、万が一契約したウォーターサーバーがイメージと違っても無用なトラブルや金額を払わなくて済みます。

お水の注文

お水の注文

お水の注文についても調べておくべき事があります。味や金額はもちろんですが、見落としがちな「注文本数」「お水のスキップ」について注目してみましょう。

注文本数

多くのウォーターサーバーの会社は、お水の注文本数を2本や3本以上からと定めています。そのため、月に1セット3本の注文では少ないけど2セット6本では多すぎる、といった悩みが発生してしまいます。一回の注文で届くお水の量とボトルのリットル数を確認し、自分のライフスタイルに合う量が届くように考えてみましょう。

お水のスキップ

毎月届くお水ですが、毎月一定の量を消費しているわけではないので、ある月ではお水がかなり残ってしまって次の月の注文が必要なくなってしまう事もかんがえられるでしょう。そういった場合にお水をスキップするサービスがあると嬉しいですね。

いくつかのウォーターサーバーでは電話やWEB、配達員に伝えることで次月のお水の配送を止めてもらう事ができます。

普段から家に居る時間がまちまちでお水の利用にムラがある方にとっては、このスキップができるかどうかは重要になってくるでしょう。

メンテナンスは?

メンテナンスは?

最後に気にしたい個所はメンテナンスについてです。最近ではサーバー自体にクリーン機能といって、自動でサーバータンク内をキレイに清掃してくれる機能のついたサーバーがあります。クリーン機能が付いているため、利用者が自らメンテナンスをするセルフメンテナンスとして、ウォーターサーバーの会社によるメンテナンスを実施しないサーバーもあります。

セルフメンテナンスの良い点としては、メンテナンスのためにサーバーをウォーターサーバーの会社に配送しなくていい、サーバーを引き取りに来る業者を家で待たなくていい事です。しかし、いくらクリーン機能がついていたとしてもセルフメンテナンスでは衛生面に不安が残ります。

サーバーによっては1年に1度サーバーを総入れ替えしてメンテナンスしてくれる会社もあります。自分が契約しようとしているサーバーが一体どちらなのか、よく調べておくと良いでしょう。

おわりに

契約後に「失敗した!」と思わないように、多少面倒でも今ご紹介した項目に気をつけて契約してください。日々のコストを考えるとけして気軽に契約のできるものではありません。納得のいくウォーターサーバーと契約できれば幸いです。

page top